2022.11.09

第22回全国障害者スポーツ大会「いちご一会とちぎ大会」で「いちご王国・栃木」をPR

第22回全国障害者スポーツ大会「いちご一会とちぎ大会」が10月29日から31日まで、宇都宮市のカンセキスタジアムとちぎで開催されました。栃木県では初開催となった今大会は、14の正式競技に選手や観客ら約3万人が参加。オープン競技や開閉会式を含めると約5万8千人が参加するなど、国内最大級の障害者スポーツの祭典となりました。

総合運動公園内のいちご一会広場では、全国から栃木県を訪れた参加選手や大会関係者に栃木県の魅力を発信する地元企業や飲食店などのPRブースが多数出店しました。
県では、「いちご王国・栃木」のPRブースを出店。ブース前には、いちごのオブジェやとちあいかのPRボード、いちごのプランターを設置し、お客様に「いちご王国・栃木」のパンフレットの配布やとちおとめ果汁を使った炭酸飲料の試飲をしていただきました。

ブースでは、いちごを使った栃木県ならではの菓子類のほか、いちごの香りがする万年筆用インク「Tochigi INK」(とちぎインク)」などを販売。おみやげにいちごのお菓子を購入する人や炭酸飲料の試飲をする人など、多くのお客さまの関心を集め、盛況の3日間となりました。


  • 全国のお客様に「いちご王国・栃木」をPR

  • とちおとめ果汁を使った炭酸飲料の試飲

  • ブース前に設置したいちごのオブジェとプランター

  • 栃木県ならではの文具やいちごのお菓子類を販売